プロだけが知っている、マジで教えたくなかった印象操作メガネ戦略

メガネだけであなたの印象を劇的に変化させる戦略を。

「Try WiMAX」にトライして分かったこと、速いときは早い、でも意外な点も|PCメガネドットコム

April 1, 2013
733 views
約 3 分
速度制限のないことでおなじみのワイマックスですが、私の職場で使用できるかどうか不安でしたのでTry WiMAXにトライしてみました。 Try WiMAXレンタル 届いたのは↓

URoad-8000というモデルです。

  思ったよりも大きいし、重い。 電波の飛び具合だけ確認できればいいし、レンタル品なのでこんなものでしょう。   電源ボタンを押して、ワイファイの電波を探して掴むまでが結構長いような気がする。 iphoneとの連携は何の問題もなくスムーズです。 つながればホントに速い速い。 この速さはクセになりますね。もう通常のモバイルデータ通信には戻れないような感覚さえ受けますよ。 立ち上がり、というかページの読み込みから完了までのスピードが圧倒的なんですよね。 電車内でもそれは変わりません。   でもですね。 使っていて、ワイファイの電波は掴んでいるのに、まったくページにつながらないってことが結構あるんです。 通常、アイフォンのワイファイをオンにしているときにありがちなんですが、フリーのワイファイを掴んじゃってもその電波がよわくなれば自動的に3Gに切り替わりますよね。 ワイマックスの場合は、ワイファイの電波は届いているから3Gには切り替わらない、そうかといって読み込みするわけではない状態が結構あったんですね。 これは僕の通信環境によるところが多きいんだと思うんですが。 それで、ワイファイ端末自体の電源を入れなおせば復活するという面倒な作業を何度もしました。 これならソフトバンクの3Gでも2Mぐらい出ているときも珍しくないので、月額3880円支払うほどのものでもないのかなって思っていたんです。 にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ にほんブログ村 【レーシックに頼らない視力回復】 ですが。   ワイマックスはほとんどどの事業者でも月額3880円なのですが、もっと安い事業者も探せばあるようです。 業界最安値WiMAX 2,999円

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)