一番大切なのがお店選びになりますでしょうか。

メガネの買い物はその後の視力検査や修理等で結構長いお付き合いになる場合も多いです。

いい店員さんにあたっても、その方が異動などで辞めてしまった場合でも、全体の雰囲気が良い店であれば大抵その代わりに見合った店員さんはいるものです。

その上で、作りたいメガネの種類によって購入する店舗のアタリをつけます。

①フツーのメガネ。
フツーと言ったのはいわゆる近視の方が視力矯正で購入する場合ですね。それも年齢層でいえば、子供でも老人でもない人たちのことです。
この場合は正直、どの店で購入しても大丈夫、というかそれほど大きな差がありません。

詳細は後述しますが、レンズの度数が自分で分かっていて、または処方箋を持っている場合には、ネットの購入でも僕は問題ないと思います。

それと若い方はメガネにそれほど金額をかけたくないという事もあるでしょうから高級店に行くのは避けたほうがいいかもです。そういう店はそもそもの単価が高い陳列になっていますので、安いメガネを選べばいいや、って思っても安いメガネ自体が店になく泣く泣く想定外の金額を支払うことにもなりかねません。

今売れてる育毛シャンプーはコレ!