プロだけが知っている、マジで教えたくなかった印象操作メガネ戦略

メガネだけであなたの印象を劇的に変化させる戦略を。

厳しいメガネ業界で売上高首位に躍り出たメガネトップ|PCメガネドットコム

October 16, 2012
748 views
約 3 分
厳しいメガネ業界…売上高トップに躍り出た社長「次は九州」   「一番の原動力は『レンズ・フレームセットでワンプライス(均一価格)』の販売戦略。平成18年に大手でいち早く取り入れた。お客さまから『1万円台で買 えると思ったのに、レンズを選んだら2、3倍かかってしまった』という不満が多く、価格の不透明感に改善の必要性を強く感じていた。 そうなんですよね。 めがねを作りにきたお客さんの一番の心配はココですね。 よーするにいくらかかるかわからない。どうせレンズが高いんでしょ。   メガネ業界の売上高はこの約10年で、5600億円から3900億円に縮小した。不景気による消費低迷とともに、低価格化が進んだためだ。フレームとレンズ合わせて約3万円だった平均単価は、2万3千円にまで低下している。 まだまだ客単価が高いような気がしますね。 平均を押し上げているのは高齢者向けメガネなんでしょうけど、なかなかこの辺りはめがね屋さんの最後の稼ぎどころだから価格は落ちないんでしょう。 それまでのメガネ業界は、様々なオプションを提案し「顧客一人一人に合ったメガネ」を売りにしてきた。「メガネの三城」などを展開し長年業界トップに君臨 してきた「三城ホールディングス」(東京都品川区)の23年度の売り上げは、595億円で前年度比1%減。一時期は破竹の勢いで顧客を獲得してきた3位の メガネスーパー(神奈川県小田原市)は、191億円の14・7%減で、店舗網縮小を進めざるを得ない状況だ。他の大手も軒並み苦戦を強いられている。 そんな中、平成18年に高品質商品で「1万8900円」という中価格均一を打ち出したのが、「眼鏡市場」を運営するメガネトップだ。同社は連続増収を続け、平成23年度は前年度比19・6%増、634億円を売り上げて業界首位に躍り出た。 メガネドラッグ・メガネスーパーは一時期は路面店の雄でしたね。 僕もたまに店舗にいきますが、いろいろ策は練ってはいんですけど、どうしてもブランド価値として名称がもう正直うんざり感があるなあ。 新興の安売り店JINS・Zoffに買いにいきづらい年齢層をうまく取り込んだんだともいますよ眼鏡市場はね。   眼鏡市場の度付きPCレンズ「デジタルガード」レンズは無色透明ではないらしい|PCメガネドットコム 「眼鏡市場」の青色光対策|PCメガネドットコム

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)