「良くわからんから要らんよ」と言って、会社の居候さんから随分と前にもらっった『海辺のカフカ』。

ちょうど読了したところです。

村上春樹作品はノルウェイの森についで二作品目です。

俗にいう「村上ワールド」が何を意味するのかもわかりません。

レビューをみるとあまり評価は高くはないようですね。

そのレビューをぼんやり見ていると、一般論として小説に何を求めているのかが良く分かります。

僕は何度も読み返したい、そんな感想です。

内容について深く読み進めたいというのも、もちろんありますが、文体が僕には心地いい。

読んでいて気持ちがいいんですよね。
メタファーの洪水はとても居心地がいい。