国民は、一人一票反対の最高裁裁判官への有効投票の過半数の不信任票(×印)で、自らの手で、一人一票を実現できます。

以上が原文です。

「反対」
「有効」
「不信任」
「実現」
というベクトルが違う方向の言葉が不必要に混在しているのが原因だと思われます。

読み手としたら要するにどうすればいいの?って思っちゃいますが。僕だけかな。
弁護士先生の書いた文章なので恐れおおいですが。




原文をなるべく変えずに修正してみた。

国民は、「一人一票」実現に反対している最高裁裁判官に対して、罷免を可とする投票を過半数にすることで、自らの手で「一人一票」を実現できます。

参考
79条〔最高裁判所の構成等〕
最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成し、その長たる裁判官以外の裁判官は、内閣でこれを任命する。
②最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後十年を経過した後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際更に審査に付し、その後も同様とする。
③前項の場合において、投票者の多数が裁判官の罷免を可とするときは、その裁判官は、罷免される。