ペルソールというメガネフレーム、知っていますか?

置いてあるメガネ店のほうが珍しい。

確か以前、銀座にあるバーニーズニューヨークの1階フロアーにあったような気がします。

このペルソールのフレームは、ほんとにめがね屋泣かせ。

なぜかというと、言うことが聞かないから。

いくら調整してもあのセル素材は無敵の自我で自分の立ち位置を主張してきます。

触ったことがある方はわかると思うんですが。

デザイン自体は好きなんですよね。
ペルソールのロゴも好き。

調整が出来ないことの他に、鼻当ての形状が日本人には掛けるのが難しい。

少なくとも、顔の高い位置、メガネが最も似合う位置で止まりづらい。
セルを一段盛らないとムリってぐらい開いているし、高さもない。

現在は違ったのもあるのかなあ。

そんな感じだったんで、ペルソールは仕入れてもほとんど売れなかったな。
ホントに分かっていて買ってくれる一人っきりだけね、好評だったのは