プロだけが知っている、マジで教えたくなかった印象操作メガネ戦略

メガネだけであなたの印象を劇的に変化させる戦略を。

どうあったって仕事をしない同僚に仕事をさせる方法

October 8, 2013
289 views
約 2 分
そんなものあるかい?って思ったりもしますが。 実際にそうだったので書いてみましょうと。 ただ、前提がそろってはじめて効果が発生しますし、限定的です(笑 閉鎖的な環境の職場があったとして。 人間関係が閉鎖的なのもそうなんですが、物理的にデスク間に人の背の高さほどの書棚があるという。 ヒトには優しくないが、調べ物とかには最適です。 人間、人目が遮られるとワルさをするもの。 現に、メインの通りから一本入った路地にはタバコの吸殻がたくさんあり、歩きタバコをしている方もたくさんいる。 仕事中でもそれが習慣にまで進化してしまうとなかなか変えることはできないんですね。 にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ にほんブログ村 【レーシックに頼らない視力回復】
ネットと昼寝が一日のほとんどだという彼が変わったのは、隣の席に女性が座ったその日から。
体裁ってのは気になるんだね〜って思った。人からどう見られてるか?、人がヒトたらんとするには、常に他人を意識せざるを得ないもの。 もちろんプラスの意味で。 未だ、それは明らかになってはいないけど、習慣の持つ力って凄いのでなかなか変えることができない。 そして、今回彼が変わったのは異性を意識してのこと。いわば、「反射」としての行為なので、自らの能動的な意思として変わったわけではないところが弱い。 二週間ぐらいで元通りの彼になると思うんだけどなあ。どうなんだろ。

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)